若草色のブックカバー

ここでは、「若草色のブックカバー」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ということで、コミックライブで購入したブックカバーが気に入ったため、別エントリでご紹介です。
まずは今回ブックカバーを購入させて頂いた、Wonderwallさんのサイトがこちらになります。皆さま、どうぞ~
【Wonderwall】活動情報WEBSITE




ブックカバー本体と添付の説明書きです。

ブックカバーは、表地が若草色、裏地が紺色になっています。
会場で選んだ際に、「あまり派手な感じではない、男性が持ってても恥ずかしくない色を」と聞いてみたところ、この取り合わせをお勧めしてくれました。

「実際に使う時は裏地の紺色の方を表に出して使うといいですよ」という事だったのですが、実際に本にかけてみると表地の若草色も綺麗で、むしろ表地の方を気に入ってしまいましたw




とりあえず本にかけてみようと思ったのですが、手元にちょうど良いノベルズが無かった為、夏目友人帳のコミックスにかけてみました。

個人的に、「夏目友人帳のイメージって薄緑色っぽいな」と思っていたので、このブックカバーの色合いと、ものすごくマッチしてると思います。
この辺は個人的な感想ですが、作品の内容とブックカバーの和風な感じもまた良し!




本にかけた場合、本の表紙側に来る柄はこんな感じ
表紙側、端の方は明るめの緑色、本の背表紙のあたりで若草色に、そして、裏表紙にかけて濃いめの緑に色合いが変化してます。

いや~、色合いが綺麗です。
「派手じゃないモノを」と注文しておきながら、この綺麗な色は隠しておくのはもったいないな、とw




色のグラデーションの様子を、もう少し分かり易いアングルで

やはり隠すのはもったいないです。
初心を違えて、やはりこの表地をメインに使っていきましょうw




そして、裏地の紺色の方を表に出して本にかけた様子です。
こちらも中々落ち着いた感じで、良い雰囲気です。

上の写真と比べると、撮影に使ったローテーブルの明るさ、色の違いから分かるように、少しホワイトバランスやコントラスト調整がずれていて、同条件での撮影になってません。
色の比較と言う意味では正確ではないのですが、そこはまぁ雰囲気重視でw


そして、ブックカバーの「作り」から来る感想を少し。

今回はサンプルとして新書サイズのコミックを使ったのですが、素材の布の「柔らかさ」から、少し厚めの書籍の方が使いやすそうです。
一般的なコミックの厚さだと、布が若干あまり気味になり、布自体が柔らかいことから、少しダブッとした感じになってしまいます。

元々、京極夏彦の「姑獲鳥の夏」の厚さまで対応出来る、というサイズのブックカバーなので、そもそも適切なサイズから外れている、という根本的な問題を孕んだ検証なのですが・・・

ということで、新書サイズのコミック用に大きさを調整したブックカバーも欲しいですねぇ
さらに講談社のブルーバックスのような、いわゆる「新書サイズ」の本向けにサイズ調整したバージョンも!w

◆〆
あまり目標を持って行ったわけではなかったコミックライブで、面白い収穫がありました。
先日の「SFが読みたい!2009年版」でも、ノベルズサイズの面白そうな本が有ったので、その本を読むときには是非使ってみたいと思います。

次回、せっかくなので、小説用に使っている「狼と香辛料のブックカバー」も少しご紹介を~
かなり愛用してますw

関連記事
コメント
この記事へのコメント
確かに夏目はなんとなく若草色が似合うイメージがありますね~。
これは、作風が昭和チックで、和のイメージがあり、そこから畳や風呂敷、田舎景色の緑系を連想させるからでしょうかね~などと推測してみるテスト。
2009/02/26(木) 00:40 | URL | アイラ #-[ 編集]
私も同意です~w

さらには、作中やオープニング等でも、緑が多く描かれてますしねぇ
山フェチとしては、ああいった描写にも惹かれてしまいますw
2009/02/26(木) 23:14 | URL | シンゴ #NqNw5XB.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fow1228.blog87.fc2.com/tb.php/783-b9894728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。