Fate/Zero 一巻 読了

ここでは、「Fate/Zero 一巻 読了 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぁ、このBlogとかを読んで頂ければ分かる通り、Fateは好きな作品なのですが、Fate/Zeroについては、中々タイミングが合わず、今まで読んでいない状態でした。

先日秋葉原に行った時、そろそろガンダムUC 7巻も読み終わりそうな状態で、最近買い込んだ小説類も全て読み終わったので、「気も、機も熟した!」ということで、満を持して(?)Fate/Zeroを読み始めました。

IMG_2846.jpg
※ついでに、今日は二巻も購入~

まずは一巻ということで、読み始めたのですが、一つ前のエントリでも書きましたが、読み始めたら止まらない止まらないw

普段であれば、往復の電車の中や昼休み、休憩時間といった形で、少しずつ、数日に分けて読み進めるのですが、Fate/Zeroに関してはどうにも続きが気になってしまい、帰宅後は中断できずに一気に読み切ってしまいました。
※Fate/Zeroを読む時は、サスペンドモードが故障してしまうようです。


以下、そんなにネタバレしてはいないと思いますが、一巻読後の感想ということで

ウェイバー
ウェイバーは最初にイラストを見た時は、「嫌なヤツ」キャラなのかな?という感じだったのですがライダーを召喚してからは、一気に振り回されキャラに
※当初のイメージは、stay nightの間桐慎二みたいなのかな、と

一巻の段階では、正直、一番親近感の湧くキャラかもw


ライダー 征服王イスカンダル
こ、こういうキャラだったのか・・・
想像以上に豪放磊落、破天荒って感じのキャラでした。

衛宮切嗣に「・・・あんな馬鹿に、世界はいちど征服されかかったのか?」と言われてましたが・・・
二巻以降も色々と状況をかき回すキャラらしいので、期待してますw


言峰綺礼
Zeroの巻頭キャラ紹介を読むまで気づきませんでしたが、私と誕生日が同じだったようです。
一巻の段階では、まだそれほど印象は強くないかな?


ランサー ディルムッド・オディナ
ん~、基になるディルムッドの物語はちょっと知りませんでした。
Zeroの作中では、個人的にこういうキャラいいなぁwという感じだったのですが。
しかし、二槍流というのは違和感がありますねぇ

unlimited codesでは、作中に出てきたと思われる技が使われてましたねぇ
声は緑川光さん、かっこい~


セイバー 騎士王アーサー・ペントラゴン(アルトリア)
そして、セイバーさん
なんというか・・・、現状、他のキャラに食われてしまっているというか・・・

しかも、今後の展開に関しては、最後の著者後書きが、これまた・・・

そう、「Fate」という壮大な物語は、主人公、衛宮士郎によって大団円に導かれることが、既に約束されているのである。
たとえその過程にある「Zero」がどんなに残酷な結末に終わろうとも、作品世界全体のハッピーエンドは揺るがない。

いま私は、思う存分、何の引け目もなく手加減抜きのバッドエンドを描く機会に恵まれたのだ。
この胸の内に巣食う病理をどこまでさらけ出そうとも、総体として見れば、あくまで私は”愛の戦士・奈須きのこ”の片棒を担いでいることになるのである。

現時点の構想として「Fate/Zero」は全四巻を予定している。
その結末において、慟哭するセイバーの姿を目の当たりにした読者が、どうか怒りと悲しみのあまり最終巻を破り捨て、そのまま衝動的に「Fate/stay night」を再インストールし、彼女が救いを得るに至るまでをもう一度見届けずにはいられなくなるような、そんな物語を書き上げてみたい。

いやぁ・・・、読み進めるのが怖いですよ?


ついでに原作の奈須きのこさんのコメントも

虚淵玄「ところで、第四次聖杯戦争ってどんな話なんです?」
奈須きのこ「んー、セイバーがギルとイスカンダルにいじめられる話ー」


大丈夫か、セイバーさん!?

とりあえず、二巻を読み始めます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fow1228.blog87.fc2.com/tb.php/742-f40f50d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。