Vistaに期待すること

ここでは、「Vistaに期待すること」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
では、今日こそVistaに期待することネタで行きます。

今回のVistaでは、Windows 95から手を変え品を変えマイナーチェンジを繰り返したユーザーインターフェース(以下、UI)に大きく手が入ります。
今までのWindowsではGDIという伝統的な仕組みを使って画面描画を行ってきたわけですが、(半ば過剰なまでに)強化されてきた3D描画能力をもって、ウインドウ描画を行う仕組みに切り替わります。
(Windows3.1や95のころまでは2Dアクセラレーション能力が重要視されてたんですよねぇ・・・)

正直言いまして、さすがに10年以上同じようなUIを使い続けていると、Mac OS Xなどの綺麗なUIに憧れを抱いてしまいます。
(Mac OS Xを店頭で弄っていると、ウインドウの微妙な動きや影などの表現、フォントの綺麗さなど、WindowsのUIでは感じられない美しさを感じて「うらやましいなぁ」と常々思っていました)

今回のVistaでは、UIそのものの刷新も期待しているのですが、それ以上にメイリオという新標準日本語フォントの搭載に期待しています。
メイリオは、画面上で見ても印刷しても極めて明瞭で読みやすいフォントという目的で新しく開発されたもので、ClearTypeにもきちんと対応した綺麗で見やすい(と個人的には思っている)フォントです。

ただ、古川享氏のブログなどを読むと、Vistaで採用されるメイリオに関しては、最終的な微調整が不完全なままのリリースという話もあり、不安も感じているのも事実・・・

IE7、最新のブラウザでは、Webページの表示に 「MS Pゴシック」、テキストの表示に「MSゴシック」が標準フォントとして登録され、出荷されているではないですか...なんじゃ、これっ????

・・・、え~?
と、不安を抱きつつ、この辺で。
Vistaに期待することネタは、もうすこし続けるかも、です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fow1228.blog87.fc2.com/tb.php/25-8b65ccf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。