Sonyの新型BDレコーダ

ここでは、「Sonyの新型BDレコーダ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソニー、MPEG-4 AVC録画対応の新BDレコーダ4モデル
たっぶり録画に高速ダビング、ソニーの新Blu-rayレコーダー詳報
☆Sony Dealer Convention 2007 リポート☆新レコーダーはすべてBD搭載機

リンク先にあるとおり、Sonyより新しいHDDレコーダが発表されました。
今回の新製品発表で面白かったのが、
Blu-ray Discがメインのラインナップになったことと、
MPEG-4 AVCエンコーダを積むようになったことの2点です。


BDモデルが増えること自体は順当な流れだと思うのですが、
ローエンドモデルが14万円と今までのDVDレコーダ(の新品価格)と
同レベルの価格で発売されるようです。

個人的には、ハイエンド側の2~3モデルがBDレコーダ
ローエンド側の、やはり2~3モデルがDVDレコーダというラインナップが
もう少し続くのでは?と読んでいたのですが、
思っていたより早い時期からBDメインに切り替えていくようです。

早ければ年末くらいにはローエンドモデルが、
安いところで10万円を切るくらいになるのではないでしょうか。


またMPEG-4 AVCエンコーダの搭載は、
以前から今年の秋冬モデルくらいに乗せてくるのでは、
と言われていました。

このMPEG-4 AVCエンコーダは、MPEG2形式で送られてくる地デジ放送を受信し、
MPEG2形式より圧縮効率の良いMPEG4形式に変換する機能を持ち、
同一の容量でより長時間の録画が可能となります。

今まではHD画質で録画をしようとした場合、
地デジ放送のMPEG2形式のデータを生のまま保存するしかありませんでした。
※例外的に日立のHDD内蔵型液晶テレビで、
 ビットレートを落として変換、記録が可能なモデルがありました。

この場合、今までのアナログHDDレコーダで出来た、
番組によってビットレートを下げて長時間録画といった運用が出来ない為、
録画に一律の、しかも結構な容量が必要となります。

今回、MPEG-4 AVCエンコーダを搭載したことで、
番組によりビットレートを変えるといった今までより柔軟な運用が期待できます。


といった形で今年の秋冬モデルで、まずはSonyが中々面白いアプローチを仕掛けてきました。
後は他のメーカがどういうコンセプトで商品展開をしてくるか楽しみです。
※今までHDDレコーダは踏ん切りがつかず、買ったことが無かったのですが、
 今回のモデルは結構良さげですなぁ・・・

関連記事
コメント
この記事へのコメント
きょうは冬休みあたりっぽいアップしないです。
だけど、ユキカゼは注目された!
2007/09/16(日) 15:04 | URL | BlogPetのあすろん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fow1228.blog87.fc2.com/tb.php/158-38756113
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「MPEG4-AVC採用 新Blu-ray Discレコーダー(ソニー)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみて...
2007/09/14(金) | ブログで情報収集!Blog-Headline/life
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。