自炊環境構築

ここでは、「自炊環境構築」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自炊と言っても、自分でご飯を作る方ではなく、自分で書籍をスキャン、電子化する方の自炊です。

iPhone4を購入して、その液晶の美しさに感動したわけですが、せっかくなのでもっと有効利用したい。
そして、常日頃から増え続ける本や雑誌をどうにかしたい、という思いから、自炊環境を作ってみました。

自炊の手順としては、こんな感じです。

P1050561.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6 ]

サンプルは、先日購入した、学園黙示録 High School Of The Deadの第6巻

P1050562.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6 ]

カバーを?いて・・・

P1050563.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6 ]

背表紙にカッターの刃をあてて分割
今回は4分割にしてみました。

P1050560.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6 ]

自炊環境構築にあたって、Amazonでポチッたモノの一つ、「カール事務器 ディスクカッター DC-210」
この手の自炊環境には、プラスのPK-513Lという断裁機が定番らしいのですが、設置面積もそこそこ必要で14kgもあるようなブツは、一人暮らしの住まいには置いておけません。
※スペースが無いから電子化するのです。

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nカール事務器 ディスクカッター DC-210N
()
カール事務機

商品詳細を見る

※定価だと随分高いですね・・・

P1050566.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6 ]

先ほど分割した本をディスクカッターにセット
写真の明るいガイドのラインが切断面になります。

P1050567.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6 ]

スライダー部を2、3回往復させるだけで、綺麗に均等な位置で切断できます。

P1050568.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6 ]
P1050570.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6 ]

全部のページの切断が終わったところ。
背表紙の部分が綺麗に裁断されています。

P1050572.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6 ]

自炊環境構築にあたって、Amazonでポチッたモノの二つ目、
この手の作業では定番の「PFU ScanSnap S1500」

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
(2009/02/07)
富士通

商品詳細を見る




コレに先ほど分解した本をセットし、連続スキャンを行います。
スキャン速度はこんな感じ。

P1050579.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + LEICA DG_MACRO-ELMARIT_45mm/F2.8 ]

スキャンした画像ファイルを確認し、zipファイルで圧縮し、iPhoneに転送。
それを表示させるとこんな感じになります。

デジカメで強引に撮った写真では有りますが、セリフはもとよりセリフのルビまで読める事が確認できるかと。

実はこの手のComicビューワーも、iPhone4のRetinaディスプレイの解像度に対応していないアプリだと、こういった吹き出しのセリフも綺麗に読めなかったりしたのですが、きっちり対応しているアプリであれば、ハッとするくらい綺麗にくっきりと映し出してくれます。

P1050575.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + LEICA DG_MACRO-ELMARIT_45mm/F2.8 ]

紙の資料を電子化、という事で、今度は先日手に入れてきたVolksNewsの最新号(Vol36)を、裁断、スキャンしてみました。
VolksNewsは、そんなに厚くないので、分割をする必要もなく、ディスクカッターで一発で裁断することが出来ました。
ココまでサクッと分解できると、ちょっと楽しいですw

実際にiPhoneで観てみると、ディスプレイの発色の良さとあいまって、ホント綺麗です。

P1050577.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + LEICA DG_MACRO-ELMARIT_45mm/F2.8 ]

さらに寄って撮ってみた一枚。
iPhoneのディスプレイに画像全体表示状態で、ココまで小さい文字が読めます。
※もちろん、もう少し拡大したり、等倍表示すれば読むのは問題なし。


ということで、自分で本や雑誌を電子化する環境を作ってみました。

元々、自炊には興味があり、過去やってみたこともあるのですが、その時はディスクカッター無しで、カッターで手間暇(結構、力仕事なのです)かけて分解、で、スキャナにかけても二重送り連発、ということで、かなり面倒な作業となり、結局断念してしまいました。
そして、何と言っても、現物に手を入れるわけなので、当然、PCが無いと読めない、イコール、寝っ転がって本を読めない、という問題も。

そんな中、iPhone4が登場してくれたおかげで、(容量の問題は残りますが)PC無しで閲覧も可能。
さらに便利で綺麗に裁断してくれるディスクカッターの存在も知り、今が好機、という事で今回の環境構築に踏み切ってみました。

人によっては、大切な本を傷つけるなんて、という意見もあるかと思いますが、私自身は本というデバイスそのものよりも、そこに載っている情報の方がより重要で、さらには置いておく場所が無くなり、結局は処分することになるよりは、よっぽど有意義なやり方かな、と思っています。

やろうと思えば、iPhoneにかなりの分量に相当する本のデータを詰め込めますし、スペースメリットは非常に大きいと思います。

こうなってくると、よりディスプレイが大きいiPadも気になってきますね~

◆参考
・本・コミックのスキャン方法
本・コミックのスキャン方法

関連記事

関連タグ : DMC-GH1, G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6, DG_MACRO-ELMARIT_45mm/F2.8,

コメント
この記事へのコメント
裁断機、刃を往復させるんですか。
楽そうですね。

・・・またスキャナ買ったんですかw
今はあの速度で両面ですか?
すばらしい。
2010/07/18(日) 09:04 | URL | たまき #LezRqYSM[ 編集]
シンゴが自炊するの?
2010/07/19(月) 15:16 | URL | BlogPetのあすろん #-[ 編集]
あの裁断機は素晴らしいですねぇ
実際、どっちがカットした辺か分からないくらい、綺麗にまっすぐにカットできます。
※ばらけたら悪夢ですね・・・

スキャナは、結局、3台目かな?
中々効率良くスキャン出来るんですが、カラー印刷、特にコミックの表紙のようにテカっている素材に付いては、まだまだ検討の余地ありです。

2010/07/19(月) 21:29 | URL | シンゴ #NqNw5XB.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fow1228.blog87.fc2.com/tb.php/1307-0e3462b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。