Windows 7 Home Premiumを導入

ここでは、「Windows 7 Home Premiumを導入」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
代休を含めて三連休の最終日、Windows 7 Home Premiumの製品版をメインPCにようやく導入しました。

まぁ、Windows 7そのものは、約9ヶ月間ほどRC版を使い続けて来たので、特に新鮮味は無いのですが、今回、初めてデスクトップPCにSSDを導入してみたので、そちらのベンチマーク結果なんぞを。

まずは、これまでメインPCのシステムドライブとして使っていた、WesternDigital製、VelociRaptor(10,000rpm、150GB)のベンチマーク結果がこちら。
20100221_Raptor.jpg


続いて、今回導入したIntel製SSD(X25-M、80GB)のベンチマーク結果がこちら。
20100221_SSD.jpg


両者を比較してみると、シーケンシャル・リード、ライト、及び512KB単位でのランダム・リード、ライトについては、Raptorの方も決してSSDに劣るものでは無いです。
ですが、4KB単位でのランダム・リード、ライトになってくると、両者の差は大きく開き、文字通り桁違いの差になっています。

このあたりのランダムアクセス性能の高さ(と、容量あたりの価格)が、SSDはシステムドライブに向いている、という評価につながる訳で、今回のベンチマーク結果でも、そのあたりの性能差が如実に数字として現れています。

では、実際に、この性能差が体感できるか・・・?
となると、話は微妙なところで、まだ環境が整いきっていない今の段階では、あまり早くなったとは感じないんですよねぇ。

まぁ、このあたりはある程度予想はしていたところでもあり、数値上の差ほど体感できないのでは?という予想を裏付けた形になります。
※実際のところ、VerociRaptorを使っていたときも、システムドライブのアクセス速度がそんなに遅いとは感じませんでしたし。

ということで、そこそこのスペックのPC(CPU、メモリ)でWindows 7を使う、という環境下では、SSDの費用対効果(特に体感できる変化)は、今ひとつという結論になりそうです。
※もちろん、静かでコンパクト、というSSD固有のメリットもあるわけで、全ての状況において「今ひとつ」という訳ではありません。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
Read/Writeにおいて、512kや4k(4096k)で明瞭な差が出ているのは、NANDの読み書きのサイズに起因するものなのでしょうか?
(一定のサイズで読み出しを行っているから?)

これから更に低価格化が進みそうな媒体ですので、適度に注目して参りたいと思います・・・^^
2010/02/22(月) 19:22 | URL | 如月ゆきの #-[ 編集]
「明瞭な差」というのは、512KBと4KBのReadの速度差、あるいは512KBと4KBのWriteの速度差、ということでよろしいでしょうか?
※512KBのReadとWriteの速度差、とも読めてしまい判断がつかず。

推測も混じってしまうのですが・・・

このベンチマークソフトの場合、一定サイズ(今回は1000MB)のデータを何KB単位で読み込む際にかかる時間、及び、書き込む際にかかる時間から転送レートを求めているようです。

そうした場合、Read(またはWrite)そのものにかかる時間もさることながら、Read(またはWrite)の命令を発行する為の時間、及び回数も無視できなくなると思います。

ものすごく大ざっぱな計算をすれば、512KB/4KBで、命令発行回数は128倍の差となります。
※実際はこんな単純では無いと思いますが、ここは概念的な話ということで。

この差が積もり積もって、512KBと4KBの場合の速度差という形で現れた、と個人的に推測しています。

SSDとHDDの結果の差は、HDDの場合、さらにシークタイムが無視できなくなるはずで、SSDの場合以上に512KBと4KBの差が明瞭に現れたのでは無いかと。


> これから更に低価格化が進みそうな媒体ですので、適度に注目して参りたいと思います・・・^^

この記事を書いた時点では「HDDとあまり差は無い」としていましたが、一晩経って改めて色々なアプリを弄っていると、結構速度差を感じます。

一つ一つのオペレーションのレスポンスは、僅かな差しか感じませんが、それが積もり積もって結果的に快適さにつながる感じです。

価格(GBあたりの単価)の差を引き替えにするほどのメリットか?と言われると微妙ですが、中々面白い媒体ではありますねぇ。

2010/02/22(月) 23:12 | URL | シンゴ #NqNw5XB.[ 編集]
[明瞭な差]
512kでのHD/SSDのRead性能差
4kでのHD/SSDのWrite性能差
の2点でした。(分かり辛くて申し訳無いです)

丁寧に解説頂いてありがとうございます^^
私自身、ど素人なものでなかなか理解が難しいのですが、追々シンコ”さんの仰られていることが理解出来るようになればなぁ・・・と甘い未来を描いています(--;

SSDはなかなか面白い媒体ではあるのですが、現時点では費用対効果が出し難いです。(個人的に)
ででーんっと安くなればいいんですけどねぇ・・・そうもいきませんでしょうか^^;
2010/02/25(木) 01:12 | URL | 如月ゆきの #-[ 編集]
Read/Writeにおいて、512kや4k(4096k)で明瞭な差が出ているのは・・・

4k(4096k)と、よく分からないことを書いてますね・・・w
4kではなく、4Mと勘違いしてました(眠かったからかにゃぁ)
2010/02/25(木) 01:15 | URL | 如月ゆきの #-[ 編集]
HDD/SSDのRead、Writeの性能差となると、やはりHDDの場合、データアクセスの際に、ヘッドの移動という物理的、機械的動作が入ってしまうことが、その差に表れると思います。

価格については、性能的に安定していそうな製品が、一時期と比べれば安くなってきたので、今回、導入してみました。
まぁ、実性能を知りたい、というよりも好奇心の方が強かったかもしれませんがw

4096Kについては、まぁ、多分勘違いだろうなぁ、とw

2010/02/26(金) 22:06 | URL | シンゴ #NqNw5XB.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fow1228.blog87.fc2.com/tb.php/1239-95b36873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。