「透過光」風撮影と青空背景

ここでは、「「透過光」風撮影と青空背景」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はイイ天気ですねぇ
ですが、まだ風邪が治りきっていないので、出かけたくても出るわけにはいかず・・・

ということで、何となく思いついたネタで毎度お馴染みセイバーさんを撮ってみました。

P1020859.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + Canon NewFD50mm/F3.5MACRO ]

外は気持ちの良いくらい綺麗な青空なのですが、室内のフィギュアに明るさを合わせると思いっきり白飛びします。
その為、溢れるような光に照らし出される雰囲気に。
そのままだと表情も潰れ気味になるので、カウンターになるようにデスクスタンドで顔を照らしています。

P1020858.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + Canon NewFD50mm/F3.5MACRO ]

同様なコンディションで撮った一枚ですが、顔への光は銀レフ板を使ってみたパターンです。
色乗りはこちらの方が綺麗かな?

P1020862.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6 ]

レンズを代えて、さらに露出を空の青さが見える程度までに落としてみたパターン
一応、最新のレンズになるため、昔のレンズよりも逆光耐性が強いかな?
青空のおかげで屋外撮影っぽく見えますが、画としてのインパクトは、最初の写真の方が印象的かな?

P1020863.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6 ]

ちょっと顔にインパクトが足りない気がしたので、先日引き出物として頂いたLEDライトでスポット的に顔を照らしてみましたが・・・
背景の青さ、暗く沈んでいるところ、LEDライトが当たっているところの明るさ、それらがちょっとチグハグかなぁ・・・


おまけ

撮影時の様子はこんな感じ
IMG_3873.jpg
[ Photo : CANON IXY DIGITAL 900IS 4.6-17.3mm/F2.8-F5.8 ]

これだけ至近距離から照らしてやらないと、(太陽が直接見えるわけではないのに)明るい青空に、顔が潰れてしまうんですよねぇ
こういうことをやっていると、いかに太陽が明るいのかを実感します。

関連記事

関連タグ : DMC-GH1, NewFD50mm/F3.5MACRO, G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6, 900IS,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fow1228.blog87.fc2.com/tb.php/1203-b8c6481d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。