コンデジでセイバーさん 2回目

ここでは、「コンデジでセイバーさん 2回目」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週、平日の間はカメラを触れなかったなぁ、ということで、再びコンデジでどれだけ撮れるか?に挑戦してみました。

前回はこんな感じ

・昨夜のセイバーさんの続き
昨夜のセイバーさんの続き


IMG_3859.jpg
[Photo : CANON IXY DIGITAL 900IS 4.6-17.3mm/F2.8-F5.8 (1600px x 1200px 302KB)]]

今回はアングルもGH1で撮ったモノに出来るだけ揃えてみたのですが、今度は光が強すぎたかも。
右肩が少し白飛びしちゃっていて、襟(?)のラインが潰れてしまいました。

そして、目標、というか比較対象としたGH1で撮影したモノがこちら。
P1010889_raw01.jpg
[Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + NewFD50mm/F3.5MACRO (1600px x 1200px 302KB)]

奥や手前にある「手」のボケ加減は、さすがにデジ一眼のレンズにはかないませんねぇ
なんとなくコンデジで撮った画の方は、メーカーサイトの商品説明ページに有りそうな雰囲気(偏見かな?)

また色味が鮮やかになる所為か、コンデジの結果の方が、細部が少し硬いような、キツイ感じがします。
シャープさという意味では、アイプリントも綺麗に撮れていてイイ感じなのですが、ちょっと硬めとも言えるかも。
このあたりは好みが別れる所でしょうか。

ノイズ感は、私のコンデジで撮れる最低感度のISO80で撮ったので、それほどノイズは目立たないかな?


そして、ついでに前回のコンデジの撮影結果も
IMG_3855.jpg
[Photo : CANON IXY DIGITAL 900IS 4.6-17.3mm/F2.8-F5.8 (1600px x 1200px 220KB)]]

一応、被写体と背景の位置を調整(セイバーさんと背景の距離を出来るだけ離す)したので、バックの布地のザワザワした感じは消えてくれました。
よくよく見ると、以前のコンデジの画でも右肩が白飛びしてるので、カメラの特性に近いところもあるのかな?


という感じでコンデジでどこまで撮れるか?に挑戦してみたわけですが、結論としてはコンデジの画もそんなに悪くないと思います。
実際の所、どの画がお好みか、ご意見を聞いてみたいところですねぇ


と、ココまで読むと、デジ一眼は要らないんじゃないか?という感じにも読めますが、(私の)コンデジの撮影では、画に現れない、かなり大きい問題が。

いやぁ、全然、ピントが合いませんねぇ・・・

色々条件を変えて、今日は12枚ほど撮ったのですが、納得の行くピントの合い方をしていたのが、掲載した1枚のみ。
フィギュアを撮影するとき、コンデジのAFでは限界が有ることを感じました。
※まぁ、私のコンデジが古い機種(約3年前)だからかもしれない。現行機種ならもっとピントが合わせやすいのかも。

描写性能はまず置いておいて、マニュアルフォーカスは偉大だ、と改めて実感した次第。
自分の狙ったところにフォーカスを合わせる、という意味では、ユーザーの意志をダイレクトに反映できるという意味でオートフォーカスはマニュアルフォーカスには敵わないなぁ、と。
※まぁ、高速に移動する被写体にピントを合わせる速度、という意味では、逆にAFの方が圧倒的に優位ですが。

MF撮影が出来るコンデジや、狙ったところに任意にフォーカスを合わせられるタッチパネルタイプのデジカメ、フォーカス位置をカーソルで移動できるデジカメなら、もしかしたら感想は変わってくるかもしれません。

関連記事

関連タグ : DMC-GH1, NewFD50mm/F3.5MACRO, 900IS,

コメント
この記事へのコメント
シンゴが調整するの?
2009/12/12(土) 15:01 | URL | BlogPetのあすろん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fow1228.blog87.fc2.com/tb.php/1145-031a2e6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。