さて、まずは何から話し始めるか・・・

ここでは、「さて、まずは何から話し始めるか・・・」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何か新しいモノを買ったとき、そのモノに対する満足感は、私は次の3つの要素からなると考えています。

A:そのモノを使う頻度や回数、期間
B:そのモノを使っているときの楽しさ
C:そのモノによって作り出されたモノ

これらの要素は、イメージとして「A×B+C=満足感」という関係になり、購入コストに対して、この満足感が上回っているようなら、それはイイ買い物だった、と言えると思います。

では、上記の3つの要素を、それぞれ向上させるには、どうすればいいか?

Aについては、いつでも使えるようにしてやることが早道です。
それこそ携帯電話のように、いつでも持ち運べて、気軽に使えるようにする。

Bについては、それ自体をいかに楽しく使えるか?ということなので、例えば、レスポンスが早いとか、使い勝手がイイとか、そういう面での向上が有意義でしょう。

Cは、それによって得られたモノが、いかに自分にとって、今後の足し、あるいは糧、あるいは今後の投資となるか?
まぁ、それを使って、いくつもいくつもモノを残して行けばイイと思います。

ということで・・・
P1010122.jpg
[Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + NewFD50mm/F3.5MACRO

え~、新しいレンズを買っちゃいました。

私が先日購入したGH1は、デジ一眼としては、1位2位を争うくらいコンパクトなのですが、それでもにょきっと伸びたレンズのおかげで、鞄への納まりが今ひとつです。

標準のズームレンズで、大体こんな感じのルックス
IMG_3745.jpg
[Photo : CANON IXY DIGITAL 900IS 4.6-17.3mm/F2.8-F5.8]

見ての通り、光学的には理想的なパーツ配置なのかもしれませんが、上記のAの要素を満たしづらいんですよねぇ
ということで、よりコンパクトに鞄に突っ込んで持ち運びたい、と言うことから、先日から、このコンパクトなレンズを使いたい、と思っていました。

実際に付けてみると、こんな感じになります。
IMG_3823.jpg
[Photo : CANON IXY DIGITAL 900IS 4.6-17.3mm/F2.8-F5.8]
※もう少し、遠くから撮るべきだった・・・

標準レンズと比べて、かなり前後が薄くなり、鞄への出し入れもスムーズになりました。

また、小さいとはいえ、GF1と比べると大柄なデザインのため、このレンズを付けると、結構マッシブなイメージに。

いずれにせよデジ一眼のレンズなんて、そう簡単に値下がりするモノじゃないし、どうせいつか買うなら、早めに買って、どんどん撮って、減価償却期間を短くするつもりで行きます。

※私が良く参考にさせてもらうサイトの管理人さんは「カメラ本体の購入額÷そのカメラで撮った枚数」の計算で求まる「写真一枚あたりの単価」が、3円を下回ったら減価償却しきった、と判断しているそうです。
※3万円で買ったカメラなら1万枚以上、ですね
※ただし交換レンズは、資産として次代のカメラに引き継げるので計算から除外

実際に試し撮りしてみた写真は、次の更新にて

【追記:Googleマップのマイマップを更新】

より大きな地図で カメラ屋探訪 を表示
関連記事

関連タグ : DMC-GH1, 900IS, NewFD50mm/F3.5MACRO,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fow1228.blog87.fc2.com/tb.php/1072-96001054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。