ハンドストラップ改造

ここでは、「ハンドストラップ改造」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一応、タイトルでは「ストラップ」としましたが、なんていうカテゴリの製品なんだろう・・・
まぁ、このエントリ中では、ハンドストラップに統一します。

通常、この手のデジ一眼は、ショルダーストラップを使って首にかけたり、肩からかけて移動します。
ですが、せっかく軽いGH1なので、もっと機動性を高められないかな?
ということで、おなじみヨドバシアキバで買ってきました。

P1010028.jpg
[Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6

ところがこのハンドストラップ、ちょっと問題があって、三脚穴に固定するステーの部分の出っ張りがチト大きいのです。

P1010030.jpg
[Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6

通常のフリーアングルではないデジ一眼であれば、この出っ張りのおかげでステーがぐらつかず、安定したグリップが可能なんですが、GH1の場合、この出っ張りが、ちょうど可動式の液晶モニタに引っかかってしまいます。
あるいは、モニタに引っかからないようにボディに直接、接するようにステーを固定すると、今度はモニタが半浮きの状態に・・・

さて、どうするかな・・・

ということで・・・

P1010032.jpg
[Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6

削っちゃいました。
※写真のニッパーは、ボークスでガレキ製作用に買ってきたヤツです。

こうして出っ張りを削ったことで、液晶モニタに干渉することなくハンドグリップが取り付けられます。

IMG_3816.jpg
[Photo : CANON IXY DIGITAL 900IS 4.6-17.3mm/F2.8-F5.8]
IMG_3817.jpg
[Photo : CANON IXY DIGITAL 900IS 4.6-17.3mm/F2.8-F5.8]

液晶モニタの開閉も自由自在
イベント会場のように、本気(?)で撮りに行くときは、ショルダーストラップをステーの左側の穴に通して、ハンドグリップを装着したまま、ショルダーストラップを付けることも可能です。

IMG_3812.jpg
[Photo : CANON IXY DIGITAL 900IS 4.6-17.3mm/F2.8-F5.8]

ということで、元々軽くてフットワークの良いGH1を、より軽快に持ち運ぶことが出来るようになりました。

しかし、このIXY 900ISで撮ったGH1、ずいぶん赤いな・・・
関連記事

関連タグ : DMC-GH1, G_VARIO14-45mm/F3.5-F5.6, 900IS,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fow1228.blog87.fc2.com/tb.php/1063-ef2c89cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。