趣味の話を中心にまとめたBlogです。「趣味」の範疇であれば、対象はなんでも


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はミーティングが定時後にあったり、長引いたりしなかったおかげで、秋葉原のPCショップにてVistaのDSP版を購入できました。

Vistaパッケージ


・・・、DSP版てパッケージがちょっとしょぼいです・・・。
まぁ、実際のインストールは週末になると思いますので、これからちびちびとVista版のドライバをダウンロードして集めていくことに致しましょう。

NVIDIA、Vistaドライバ「ForceWare 100.54 β」を公開

・・・、ちょっと待ってください!?
まだGeForce用のVista用ドライバってβ版なんですか!?

AMD、Vista対応ドライバ「Catalyst 7.1」公開

う~む、AMD(この場合は旧ATIが正確ですかね)はVista正式対応版のドライバなんですね・・・

まぁ、ドライバのバージョンが正式対応になっていたとしても、バグ等が無いとは限らないので、
結局は気分の問題とも言えるのですが、ちょっと気になります。

はてさて、週末はどうなることやら~。
関連記事
スポンサーサイト
ついにVistaが発売されました。
夢唯さんのところでは、すでに導入されたみたいです。
使用感や不具合情報など、レポートを(勝手に)期待してますw。

で、私のPCの方は、Vistaの購入及び導入はもう少し先になりそうです。
今日は、DSP版のHome Premium目当てに、仕事の帰りに秋葉原のヨドバシに寄ってみたのですが、私が知ってるDSP版の相場より、ちょっと高めだったので、ひとまずその場での購入はパスしました。
※帰宅時間の都合上、開店してるのがヨドバシだけという状態でしたので、他のPCショップとかには寄れませんでした・・・


んで、導入はしばらく先、ということで今日もVistaに期待することネタを~

今回は、結構地味なネタなんですが、Vistaでは、サウンド周りにも手が入ったそうで、各アプリケーションごとに音量の調整ができるようになり、またアプリごとに出力するサウンドデバイスが設定できるそうです。

雑誌に載っていた例としては、音楽再生はUSBオーディオデバイスから、警告音などはオンボードサウンドから、といった設定ができるようです。

他に思いつく便利そうな面としては、スカイプで会話をするときはBluetoothのサウンドデバイスを使ってワイヤレスのヘッドセットで会話しつつ、YGの音は増設サウンドボードから、とか
他にもネトラジ放送はWinampを使うわけですが、そのあたりの音量調整にも便利に使えそうな気がします。
(後は、どの程度設定に自由度があるかが気になりますねぇ)

◆参考URL
Vistaでオーディオデバイスはどうなる?
関連記事
久々のPS3ネタです。

1/24付けでPS3の新ファームウェアであるVer 1.50がリリースされました。
今回の更新では、Edyリーダへの対応というのがメインのようだったので、それほど期待してはいませんでした。
ところが、色々ブログをうろついていたら「PS2ゲームプレイ時の画質が向上した」という記事をみつけ、せっかくなので更新前と後の差を確認してみました。

まず画質向上の内容ですが、Ver 1.32まではPS2ゲームプレイ時、インターレース解除処理(以下、I/P変換)が上手く働かずにゲーム中の画面にくし型ノイズが残りまくるという状態でした。
それがVer 1.50でプレイすると、そのくし型ノイズが減少したというもので、そこに注目してプレイしてみました。


◆対象ゲーム
・GRAN TURISMO 4
・機動戦士ガンダム Seed Destiny 連合 vs Z.A.F.T Ⅱ Plus

◆FWバージョン
・Ver 1.32
・Ver 1.50

ガンダムの方は、Ver 1.32の場合、確かにゲーム中くし型ノイズが発生していて、(プレイに支障は無いんですが)それなりに気になる感じです。

これでVer 1.50では、プレイ中のくし型ノイズが明らかに減っていました。
ここでノイズが皆無になってくれればうれしかったのですが、プレイ後のスコア集計画面などで、まだちょっとノイズが残っていました。
全体的には、目に見えて改善されており、もう一声!って感じです。

GT4の場合、もともと画像の出力フォーマットを480i、480p、1080iと変えて出力させることができるのですが、Ver 1.32では480i、480pでは(ガンダムほどではありませんが)それなりにくし型ノイズが発生していました。
Ver 1.50になって、確かにノイズは減少していたのですが、もともとそれほど目立っていなかったので気にしていないと改善したことに気づかなかったかも?

1080iで出力した場合、Ver 1.32では、数値の表示が欠けていたり、路面の質感もちょっと違和感があったのですが、Ver 1.50では、それらが全て解消され、かなり綺麗な絵が出力されていました。

総括すると、Ver1.32でI/P変換が正常に行われず、ノイズの発生が多いゲームほどVer 1.50での改善効果が大きいような気がします。

現在、PS3でPS2ソフトをプレイする際の互換性について、惨憺たる有様ではありますが、PS3での動作が問題ないとされているソフトに関しては、セーブデータがHDD上に保存されるのでセーブデータの読み込みが早くなり、ディスクからのゲームデータの読み込みも早くなるなどメリットも多いです。
※ガンダムに関しては、体感できるくらい読み込みが早くなります。

今後も互換性、及び画質の向上に関しては努力を進めてもらいたいところです。
(欲を言えば振動機能も復活させて欲しいなぁ・・・)
関連記事
GIMPの色々なTIPSが載っている雑誌を買いました、なかなか面白かったです。
試しにこんな加工をしてみました。

◆オリジナル
20070128002110.jpg


◆線画風
20070128002141.jpg


こういうのでブログのロゴとか作れないかな?w
関連記事
またまたVistaへの期待ネタ行きます。

VistaでXPから強化された機能として、なかなか強力(そうな)検索機能があります。

すでに自宅の個人のPCやお仕事で使用しているPCにGoogle Desktop Search(以下、GDS)を導入していて、こういった検索機能の便利さはすでに実感しているのですが、如何せんGDSの場合、色々プラグインがあるとはいえ、結局はOSとは別個のアプリとして提供されているものであり、「検索の為のアプリを使っている感」があります。
(検索結果の表示のために、別個にIEが開いたりするあたりが特に)

またまたMac OS Xとの比較になりますが、Mac OS Xの場合、Spotlightという検索機能があり、同様にPC内に保存されたファイルの(内容を含めた)検索が可能となっています。

参考URL
Tiger の新機能 - Spotlight

当初、VistaがLonghornと呼ばれていたころ、Mac OS Xの方が先にSpotlightが搭載され、次世代のOSは強力な検索機能は必須、と謳っていた記事もありました。

実際のところGDSによる検索は、それこそ適当なキーワードによる検索でも品質のいい検索結果を返してくれるので、非常に重宝しています。
Vistaではそういった強力な検索機能が(Windows系のOSでは初めて)標準機能として搭載されるので、よりスムーズにデータを取り扱えるようになるのでは?と期待しています。


補足
Mac OS Xとの比較についてもう少し語ると、Vistaに搭載されるAeroに相当するのがQuartz Extremeになります(多分・・・)

参考URL
Quartz Extreme
関連記事
1月25日(木)の定期メンテナンスによる追加・変更点

・ エピソードを多人数でプレイすると、モンスターのアイテムドロップ率が上がるように変更されました!

今回のアップデートで、実は一番気になった、というか感心した変更点です。
このような「エピを多人数でやることにメリットを持たせる」というのは、(地味ながら)じわじわとイイ方向に効いてくるんじゃないかと思います。
(他にも参加人数が多いとExpアップする、又は倍率が上方補正されるというのはどうですかねぇ)

ホント久々に、上手い修正だなぁと感心した次第~。
関連記事
というわけで、昨日上手く撮れなかった月に再挑戦~
何枚か撮ってみた中で気に入ったヤツを2枚ほど。

IMG_0546_resized.jpg

この月も悪くないんですが、昨日見た月は、もう少し黄色がかっていた気がします。
昨日は雲が出ていたせいか、それとも1日で結構印象が変わってしまうものなのか・・・?

IMG_0549_resized.jpg

周りの風景もアングルに入れて撮ってみました。
風が吹いているところで、露光時間15秒で色々条件を変えて撮っていたので、
もう、寒くて寒くて・・・
暗い部分がノイジーになってしまったのが、ちょっと残念です。

こういう夜間の撮影を色々やっていると、一眼レフのデジカメが欲しくなってきますw

関連記事
今日は、ネットのニュースを見て気になる記事をいくつか・・・
カテゴリは「AudioVisual」でいいのかなぁ・・・

◆1つ目
ツンデレ標準搭載のワンセグテレビ
タカラトミー、世界初の“ツンデレ”ワンセグテレビ

購入当初はツンツン、使い込むとデレデレに

・・・・・・・・・・・・

YG内でこのニュースの話をしたら、「シンゴさん好みのやつだねw」と言われました・・・

まぁ、発売時期は結構先ですが、基本的な搭載機能や価格を考えると、
オーソドックスなワンセグテレビとして中々面白い製品かも知れません。


◆2つ目
Windows Vistaのサポートについて

もっと取り上げるべきお知らせもありますが、あえてこっちの記事を取り上げます。
本当に安心する為には、正式サポートの発表待ちとは思いますが、
まぁ、一安心といってよいかと思います。

◆その他
後、今日最寄り駅から自宅までの間、月が綺麗でした。
自宅につくころには雲に隠れてしまい、残念ながら撮影はできず・・・
明日の夜、晴れるようだったら撮影に挑戦してみたいと思います。

ではでは~
関連記事
では、今日こそVistaに期待することネタで行きます。

今回のVistaでは、Windows 95から手を変え品を変えマイナーチェンジを繰り返したユーザーインターフェース(以下、UI)に大きく手が入ります。
今までのWindowsではGDIという伝統的な仕組みを使って画面描画を行ってきたわけですが、(半ば過剰なまでに)強化されてきた3D描画能力をもって、ウインドウ描画を行う仕組みに切り替わります。
(Windows3.1や95のころまでは2Dアクセラレーション能力が重要視されてたんですよねぇ・・・)

正直言いまして、さすがに10年以上同じようなUIを使い続けていると、Mac OS Xなどの綺麗なUIに憧れを抱いてしまいます。
(Mac OS Xを店頭で弄っていると、ウインドウの微妙な動きや影などの表現、フォントの綺麗さなど、WindowsのUIでは感じられない美しさを感じて「うらやましいなぁ」と常々思っていました)

今回のVistaでは、UIそのものの刷新も期待しているのですが、それ以上にメイリオという新標準日本語フォントの搭載に期待しています。
メイリオは、画面上で見ても印刷しても極めて明瞭で読みやすいフォントという目的で新しく開発されたもので、ClearTypeにもきちんと対応した綺麗で見やすい(と個人的には思っている)フォントです。

ただ、古川享氏のブログなどを読むと、Vistaで採用されるメイリオに関しては、最終的な微調整が不完全なままのリリースという話もあり、不安も感じているのも事実・・・

IE7、最新のブラウザでは、Webページの表示に 「MS Pゴシック」、テキストの表示に「MSゴシック」が標準フォントとして登録され、出荷されているではないですか...なんじゃ、これっ????

・・・、え~?
と、不安を抱きつつ、この辺で。
Vistaに期待することネタは、もうすこし続けるかも、です。
関連記事
070113_ベーコン070113_完成品070113_カルボナーラソース

070113_黄身070113_エッグセパレータ070113_ホワイトソースの小袋

以前、早さんとお話してた画像のサムネイルを横に並べるテストです。
画像を貼り付けた後、タグをちょっと加工すればできるみたいですねぇ。
関連記事
今日ブログのテーマは、
夢唯さんのブログに触発されて私がVistaに期待するもの、で行こうか
それとも土日に、買ったけど中々観れなかったBD版イノセンスを観た感想、で行こうか
あるいは、PCパーツの選び方HDD編でも始めようか、
とか考えながら、今日のニュースを眺めていたところ、

プレクスター、光学ドライブ事業を縮小

・・・!?!?!?!?

そうなのですか・・・
確かに最近目立った新製品が出てなかったような・・・

まだSCSI接続の外付けCD-ROMドライブ(ROMですよ!)が当たり前だったころから憧れであり、
自分自身ずいぶんとPlextorブランドのドライブを買い、知人にも無難な選択肢として勧めてきました。

SCSI接続のCD-Rドライブが一般的だったころはYAMAHA、TEAC、そしてPlextorが3強でした。
今となっては、YAMAHAは早々に光ディスク事業から撤退、
今回の発表でPlextorも事業を縮小、
TEACは・・・、今後どう動くのかな?

新製品の開発やリテール販売は継続
とありますが、開発のペースは相当落ちるでしょう。

カノープスがPC向けのビデオカードやキャプチャカード事業を収束させていく、というニュースを聞いたときと同じくらい、ショックを受けました。

慣れ親しんだ国産ブランドが(事実上)消えていくのは、
そこそこPCに関わり楽しませて頂いた人間にとって、中々さびしいものがあります。
関連記事
き、危険物です・・・
それでも逝かねば、修羅の道を・・・


「萌えバトン」

◆萌え属性を正直に告白せよ(妹属性とかメガネ属性とか)

・メガネ属性
 かなぁ・・・。眼鏡をかけた時のピシッとした感じは好きですねぇ・・・。
 後は素顔と眼鏡をかけた時の印象の差、とかも。

・○○属性
 上の眼鏡属性に近いような気もするんですが、普段は凛としているんだけれども、
 2人のときは優しく笑ってくれる、という属性・・・?
 (適当な名前が思いつきませんでした・・・、誰か適切な名前を知ってたら教えてください・・・)

・・・、いきなり難易度高すぎです・・・、タスケテ・・・


◆萌え衣装を答えよ (メイド服とか背広とか)

・スーツ・・・?
 時々見かける、スーツ姿の女性とか・・・


◆萌え小道具を答えよ(包帯とか首輪とか眼帯とか銃とか)

・メガネ・・・?
 そういうことにしておいてください・・・


◆萌え仕草を答えよ(受でも攻めでもどっちでもいい。ときめく仕草)

・・・、「受け」「攻め」って何!?

・照れるところ
 なんとなく・・・

・一生懸命に何かに取り組んでいるところ
 萌えなのかなぁ・・・。
 一生懸命に頑張っているところを見ると、助けてあげたいなと、思うような気がします・・・


◆萌え場所を答えよ(海とか山とかその二人がここにいると最高にいいっての)

・なし
 多分、「萌え」ってものは、場所によっては変化するようなものではないと思いますので・・・


◆バトンを回す5人
 え~、とりあえず受け取ってくださる方がいらっしゃいましたら・・・


スゴク、ジカンガカカリマシタ・・・
ナンカ、ミモダエシナガラ、コタエヲカンガエテイマシタ・・・
レイセイニ、ジブンノモエゾクセイヲ、カンガエタノハ、ハジメテカモシレマセン・・・

関連記事
ちょっと間が開いてしまいましたが、現在の市場価格を踏まえた、今この辺がいいかなぁと思うCPUについて考察してみたいと思います。

・Intel編
CPUのシリーズとしては、現在Intelの主力となっているCore 2 Duoがベストとなると思います。

安くなってきているPentium Dシリーズは、私が重視する発熱(≒静音化が難しい)の面でつらい。
少しずつ店頭に出回り始めたQuadコアのCore 2はまだまだ高い。
Xeon系列は、マザーボードの種類や価格の面でいまひとつ。
という観点から、Core 2 Duoとしました。

で、Core 2 Duoの中でもどれがお買い得か?と考えると、とにかく価格の絶対値の面で安くなるE6300か2次キャッシュサイズが4MBのモデルの中で最も安くなるE6600のどちらかになると思います。

E6300はCore 2 Duoの基本的な機能を持ちつつ最も安いモデルの為、リストアップしました。
※2007年1月第3週の秋葉原での平均価格が25,500円程度

E6600は、Core 2 Duoシリーズの場合、二次キャッシュが2MBと4MBのモデルが存在し、二次キャッシュ4MBのモデルの中で最も安いモデルであるため、リストアップしました。
※二次キャッシュの効用(?)については、Pentium DとCore 2 Duoのキャッシュアーキテクチャのエントリをご参照ください。

それ以外のモデルに関しては、予算が許せば選択するのもアリかとは思いますが、費用対効果の面で、ちょっともったいないかなぁという気がするため、リストアップの対象外としました。

・AMD編
Intel編と同様にCPUのシリーズで考えると、今買うとしたらAthlon 64 X2になるかと思います。

AMDのCPUの場合、モデルごとに性能指標を示すモデルナンバーという数値があり、モデルナンバーあたりの単価で評価すると5000+以上のモデルになると、単価の面で若干割高の印象となります。
それに対して4000番台以下のモデルでは単価の面でそれほど差が出ない為、予算に応じたモデルをという形になると思います。
※4800+が、あまりショップのリストに乗っていない為、より一層5000番台と4000番台で差があるように思うのかも。

その中でお買い得なモデルをリストアップしてみると、やはり絶対的に安い3800+か4000番台の(事実上)最上位である4600+になるかと思います。
※3800+は、2007年1月第3週の秋葉原での価格が17,000円弱程度、4600+の場合、同週の価格で26,000円弱程度となります。
※ボックスとバルクで若干価格が異なりますが・・・

CPUの場合、価格が変動しやすく、安くなるまで待つと下位モデルは市場から消えるということもあり、総括すると、2万円台で買えるクラスのCPUがお買い得になりますかねぇ。
※E6600は二次キャッシュサイズが明確に違う為、リストアップしましたが。
関連記事
今日(正確には昨日)は、帰宅が遅れた為、日付上は1日、間があいてしまいました。
まぁ、気にせずブログを更新して行きましょう~

今日、帰りが遅くなったのは、主に秋葉原のヨドバシカメラに寄ってきたのが理由です。
さすがにWindows Vistaの発売が近づいてきたせいか、1FのPC売り場では「2007年春モデル 2/10発売開始」とかいう札がそこかしこに立っていて、PCの展示も旧モデルが殆ど退かされていました。

購入予定があるわけではないのですが、ノートPCを何台か触ってみて、VAIOのType Tが結構薄くて、キータッチも良い感じで、中々好印象でした。
後は携帯性重視のType Uも相変わらず面白いですw

そんなわけで、買う気があるわけでもないのにVAIOやFMVのカタログをもらってきてしまいました。

個人的に気になっていた丸型VAIO、こちらもすでにカタログに載っていて、やはりこのデザインは秀逸だなぁと感じ入った次第。

このあたりのデザインや、製品としての完成度はメーカ製品だなぁと思います。
自作PC、メーカ製のPC、ショップブランドのPC、それぞれにいいところがあるわけで、自分の使い方にあったPCを選んでいきたいところです。
関連記事
早さんがメインPCの昇天により買い替えをご検討中、
さくらさんよりPC構成のご相談を受け、
各PCメーカからVistaプリインストールモデルが次々に発表され、
PCショップからもVista対応を謳うモデルが発表され・・・

自然発生的なPC買い替えの時期なんでしょうかねぇ。

ってことで(?)、「CPUの最近の価格にあわせた選び方」の話は、
まだちょっと価格とかを調べてないので、また後ほど書きます。

今日は、ちょっとお仕事がしんどかったので、手抜き更新です~

今日、また肩甲骨が痛くなってきました・・・
前回、痛くなったときは数日後に思いっきり体調不良になったんですよねぇ・・・
この痛み、痛む場所はまさに前回と同じという・・・
[PC買い替え需要]の続きを読む
関連記事
今日はYG内で会長に聞かれた、ブログの背景画像を固定して表示する方法の説明なんぞを~。
※CSSを直接編集できる前提で説明してしまいます。操作できない場合はまた別途方法を考えます。

メケさんのブログのHTMLソースを見ると、
syles-index.cssというスタイルシートの定義ファイルを読み込んでいることがわかります。

そのファイル中のbodyタグのスタイル定義(body { ・・・(中略)・・・ }の部分です)を見ると、
「background: ・・・」という行にurl(・・・)という定義が記述されており、
bg.imgという画像ファイルを読み込んで背景に使用していることがわかります。

◆ステップ1
このurl()の中身をまず背景として読み込みたい画像のアドレスに書き換えます。
正しく指定すると、指定した画像がモニタの解像度、及びブラウザの大きさに合わせてタイル状に繰り返して表示されるようになります。

◆ステップ2
「background: ・・・」という行の次に、「background-attachment: fixed;」という行を追加します。
このスタイル指定は、ウィンドウのスクロールを動かした時の背景の動作を決定するもので、
指定する値が「fixed」としておくと、ウインドウをスクロールさせても固定されたままとなります。

◆ステップ3(オプション)
背景をタイル状に繰り替えして敷き詰めないように設定するには、
同様に「background-repeat: no-repeat;」と指定しておきます。

とりあえず、こんな感じでどうでしょうか~。

関連記事
ちょっと今回はわき道にそれて、
個人的に待ちに待っていた製品が発表されました。

RWC、12,800円の3ポートHDMIセレクタなど
RWC、1080P対応のHDMIセレクター2機種をリリース

今、私が使っている液晶テレビ(東芝 REGZA 32z1000、以下REGZA)は、他の液晶テレビとカタログをつき合わせて比較検討を行い、店頭でかなりの時間をかけて見比べた結果選んだ液晶テレビで、画質や機能の面では満足のいっている製品です。

ですが、一つ困った問題があります。それは「外部入力端子の数が少ない」という問題です。

ハイビジョン信号を受像できるテレビであるにもかかわらず外部入力としてハイビジョン(レベルの解像度)の信号を入力できる端子が、D4端子×1とHDMI端子×1のみです。

この問題は、REGZA購入時点から懸念していた問題だったのですが、やはりREGZAの画質、機能は多機種よりも魅力的な面が多く、この点のみ、妥協してREGZAに決定しました。

この問題は東芝自身も自覚していたのか、後継モデルであるz2000シリーズでは、D4端子は2系統、HDMI端子に関しては3系統に増えています。
※あるいはユーザに指摘され、ユーザの声を反映した結果かもしれません。

現在、私が所有しているREGZAにはPS2とPS3、サブPCが繋がっています。それぞれ利用可能な接続方式は以下の通りになります。




機種D端子接続HDMI接続
PS2×
PS3
PC×

※PCからのHDMI接続はDVI-HDMI変換ケーブルを使っています。
※PCからD端子接続も一応「不可能では無い」です。

さて、この状態で、D端子×1、HDMI端子×1のREGZAにつなぐにはどうすればいいか?

答え:使うときに差し替える

・・・・・・

D端子とかHDMI端子って、テレビの背面についてるんですよねぇ・・・
使うたびにテレビの裏に回りこんで、配線をちょこちょこと・・・

1) どうせつなげるならHDMIで繋げたい!
2) だけど毎回裏に回りこむのは面倒!
3) ならHDMIのセレクタ(切替器)を導入か?
4) ・・・、HDMIのセレクタって、価格が数万!?
5) エバーグリーンから出てるのが一番安いけど、3万円・・・

そんな中の今回の発表。
ようやく購入検討が可能なレンジに入りつつある値段になってきました。

ただ、RWCってメーカ・・・、聞いたこと無いんですよねぇ・・・
価格は同じ位のレンジで、国内メーカが作ってくれないかなぁ・・・。

PS3やHDDレコーダのように、HDMIを使う機器が増えてきたので、
今ならちょっと前の(HDMI端子×1な)テレビを買ったユーザが買うと思いますよ~
メーカさん、どうですか~~~?

※本音を言えばもっと安くなって欲しいですが、HDMIやD端子みたいな高周波信号を取り扱うセレクタって、どうしても高くなっちゃいますからねぇ


参考リンク
HDMI
エバーグリーン、約3万円の3ポートHDMIセレクタ

関連記事
今回はCPU編の番外編として、さくらさんよりリクエストのあったキャッシュアーキテクチャの違いについていきたいと思います。
(前回の反省を活かして、今回はコンパクトにまとめよう・・・)

Pentium DとCore 2 Duoの二次キャッシュの構造の最も大きい違いは、
Pentium Dの場合、搭載されている2つのコアの二次キャッシュがそれぞれのコアごとに独立して存在するのに対し、
Core 2 Duoの場合、(Pentium Dの2つの二次キャッシュを合わせたのと同等容量の)二次キャッシュを共有して利用する構造になっている点になります。

もう少し具体的に2つのコアをそれぞれコア0、コア1と名づけて説明すると、
Pentium Dの場合は、コア0用に2MB、コア1用に2MBの二次キャッシュを持っているのに対して、
Core 2 Duoの場合は、コア0とコア1共用利用の4MBの二次キャッシュという形になります。
※CPUのモデルによっては二次キャッシュの容量がもっと小さいモデルもあります。

このような構造がどういったメリットを生むかについて、以前よく親や友達にPCのメモリ容量の説明で使った例えで説明します。

まずコア0、コア1は机の前で勉強をしている学生、二次キャッシュはその机、メインメモリは本棚と仮定します。

その場合、二次キャッシュの役割は勉強に必要な参考書やノートを本棚から取り出し、作業しやすいように机の上に並べる場所に相当します。
※このことから机の面積が広い(二次キャッシュの容量が大きい)とたくさんの資料を並べられ、作業効率が上がるというイメージを持ってください。

そこで各CPUの構造に、上記の学生、机、本棚の構造を当てはめて考えると、
Pentium Dの場合は、各自が専用の机を持って勉強をするのに対し、
Core 2 Duoの場合は、(2つの机を合わせたのと同等面積)の大きな作業机で勉強することに相当します。

2人の学生が、それぞれフルパワー(?)で勉強をしている場合では2つのキャッシュ構造でそれほど作業効率は変わりません。

ですが、Core 2 Duoの場合、片方の学生が休憩している時は勉強を続けている学生が2人分の作業机をすべて占有して勉強することができます。

ここで実際のPCに搭載されたCPUの動きを見ると、意外にCPUがフルパワーで動き続けている時間は少ない、という性質があります。
※ご自分で確認する場合は、タスクマネージャでCPU使用率を観察すると、通常利用時は使用率100%という時間よりもアイドル状態になっている時間の方が長いことがわかると思います。

つまり、容量の大きいキャッシュを共有することで、「低負荷時から通常負荷程度で動作する場合の見かけ上のキャッシュ容量が大きくなる」というメリットが生まれます。
※あくまで低負荷時の見かけ上のキャッシュ容量の問題で、高負荷時はそれほど大きく変わるわけではないのがポイントです。

・・・、結構長くなりました。市場価格と絡んだお勧め構成の話は、また別途~


※上記の内容は記憶で書いているので、もし間違っていたり、逆に抑えるべきポイントを抑えていなかった場合は後で修正します。
※確かCore 2 Duoの場合、二次キャッシュをもっと大胆に共有する構造だったような気がするんですが、ちょっと確認しないと嘘を言ってしまうかも知れないので、今回はこの辺までで~
関連記事
ブログのレイアウトを調整するうえで、ここを訪問してくださった方のディスプレイの解像度を参考にさせて頂きたいと思います。
解像度を教えてもいいよ、という方がいらっしゃいましたら、コメント欄にご使用の解像度をご記入ください。

記入例:1024x768、1280x1024
関連記事
今回はPCを構成するパーツの中で、CPUを取り上げてみたいと思います。

まずCPUに関する現状ですが、現行品として売られているCPUであれば(極端に低価格な製品を除けば)どれを選んだとしてもCPUの能力がネックとなって、速度に不満を持つことはまず無いと考えられます。
(通常はHDDの速度などの方が先にネックになると考えられます)

そのような前提の元でCPU選びのキーになる項目とは何か?と考えると、
・マルチコア化
・消費電力
が考えられます。

・マルチコア化
最近のCPUは、高クロック化による性能向上がだんだん難しくなってきています。
そのため、マルチスレッドによる並行処理の性能向上を目的としたマルチコア化が進んでいます。

マルチコア化のメリットは、複数タスクを同時実行する際に複数個のCPUコアをそれぞれのタスクに割り当て、総合的にみて性能の向上を図ることになります。

ですが「WordとExcelを同時に使用する」といったレベルのタスクではあまり効果が無く
(基本的には現在の時分割によるタスク切り替えで、ほぼ事足りる為)
バックグラウンドで動画データのエンコード作業を行いつつ、フォアグラウンドで別作業をする、という感じで、それぞれのタスクがCPU使用率を100%近く使用するタスクを平行稼動させる場合にマルチコア化による性能向上が得られることになります。

ゲーム用途の場合、そのアプリケーションが上手にマルチスレッド向けのコーディングをされている場合、マルチコア化のメリットが最大限に活かされます。
例:ゲームのメインルーチンと画面効果(物理演算など)の処理が効率よく別スレッドで動くように設計されている、など

逆にマルチスレッドに向いたコーディングになっていない場合、マルチコア化よりも高クロック化の方が性能が向上しやすい可能性があります。

・消費電力
一世代前のCPU(Pentium 4など)では、高クロック化による性能向上を行ってきました。
この方法による性能向上は、比較的クロックの向上に応じた性能向上が可能なのですが、それに応じて消費電力が増えてくる、という状態が続いていました。

消費電力が増えるということは、イコール発熱が大きいことを意味し、
その熱を逃がす為、高速なファンや巨大なヒートシンク、果ては水冷システムなどが必要となってきます。

高速なファンは騒音を生み、巨大なヒートシンクは小型PCには内臓できない、水冷システムは別途コストがかかる、という問題があります。

そのような状況の中、現在のCPUは色々な手段をもって消費電力を下げる工夫がなされています。
代表的なのは、アイドル時は動作クロックを下げる(SpeedStep技術、Cool'n'Quiet技術など)技術や
一クロックあたりの実行効率を上げる技術などがあります。

このような観点で、今度は価格の面を考慮してCPUを選ぶとしたら・・・
を続けて書こうとしたのですが、想像以上に長くなりました。
(イマイチ、何を伝えようとしてるのか意味が不明ですし・・・)

ブログに載せる記事は、要点をまとめてコンパクトに収めたいと思ってるんですが・・・
次回は反省点を活かして、具体的に今面白いと思っているCPUの話を書いていこうと思います。
関連記事
ついにカテゴリに「料理」なんてのまで追加・・・
いい感じに節操無しなブログになってきました。

というわけで、今日の昼食ですがカルボナーラなんぞをでっち上げてみました。

070113_ホワイトソースの小袋
まずはカルボナーラのソース作り。
棚の中にあったホワイトソースをベースに作ります。

070113_エッグセパレータ
次に黄身の準備。エッグセパレータを使って黄身と白身を分けておきます。
ちょっと白身をテーブルにこぼしちゃったのは秘密w

070113_黄身
分け終わった黄身~

070113_カルボナーラソース
先ほどのホワイトソースと黄身を混ぜ合わせます。これに塩、コショウで適当に味付け~

忘れていましたが、並行してパスタを茹でておきます。
どうせなら茹で上がった直後に混ぜ合わせて食べたいので、
茹で時間を考えて作業を進めます。

070113_ベーコン
カルボナーラの具として使うベーコンの準備。
好みもあるかと思いますが、カリカリなるまで焼いておくとおいしいです。

070113_完成品
茹で上がったパスタ、ソース、ベーコン、そしてちょこっとパセリを乗せて完成です。

多分こんな感じでいけるだろう、と適当にでっち上げてみましたが中々おいしくできました。

次回はベーコン以外に合う具をあわせてみたいですねぇ。
関連記事
今日はもしかしたら聞きたい人が居るかもしれない、私なりのPCパーツ選び方の話題なんぞを。

まずPCパーツは、大きく
「時間が経つとすぐに価値(値段)が下がるパーツ(以下、タイプA)」と
「時間が経っても価値が中々下がらないパーツ(以下、タイプB)」に分けられます。

タイプAの代表的なパーツは、
・CPU
・メモリ
・HDD
・ビデオカード

また、タイプBの代表的なパーツとしては
・モニタ
・ケース(電源)
・キーボード、マウス
・光ディスクドライブ
※光ディスクドライブは、どちらかというとタイプAに近い要素もありますが、私の区分ではタイプBにカテゴライズしたいと思います。

があげられます。

そこで本題の、パーツの選び方の基本方針ですが、
タイプAに含まれるパーツの選び方は、「購入時点で最もリーズナブルな製品を選ぶ。」
それに対して、タイプBのパーツは「多少高価でも良い物を選ぶ。」
となります。

次回以降は、個々のパーツの選び方の観点なんぞをご紹介したいと思います。

(次回に続く)
関連記事
昨日の記事ですが、
バンダイナムコゲームス、PS3「ガンダム無双」発売日を2007年3月1日予定と発表

発売が思っていたよりも早かったです。
ザクやらドムがゾロゾロゾロゾロ・・・w

PS3と同時発売のTarget In Sightの方は重厚感はあるんですが、
MSの歩き方がなんか不自然で、これはどうなのかなぁ・・・と思い
スルーしていたんですが、こっちは単純に面白そうです。

しかし、誰がガンダムで無双シリーズをやろうと思ったんだろう?
その発想に拍手を送りたいですw

(PS3のゲームはアーマード・コア4を買ったんですが、操作があまりに難しく、今は半放置状態です・・・。攻略本の発売待ちかなぁ・・・)
関連記事
昨日に続いてCESの話題です。

ソニー、27型でコントラスト比100万:1の有機ELディスプレイ
27インチと言う数字にびっくりしました。
今まで有機ELというと液晶と比べて、応答速度や視野角、発色と言った面で優位である代わりに
サイズを大きくできない(せいぜい数インチ)という限界があったのですが今回の展示では一気に通常のテレビクラスまでサイズアップしてきました。
(今までは携帯のサブウインドウやポータブルタイプの音楽プレーヤーくらいしか採用例がありませんでした)

有機ELは、まだ発光体の寿命が短いと聞きますが、製品化の暁には、個人向けの次世代ディスプレイとして俄然面白くなってきました。

米国向けVAIOの新製品を展示
これいいなぁ・・・。

ベースカラーがホワイトだそうですが、このデザインでピアノブラックのカラーバリエーションがあると、かなりイイなぁ。

リビング向けPCというコンセプトは以前からありましたが、こういうデザインを出してくるあたり、やはりソニーは侮れないものがあります。

(以前掲示板に載せた私のサブPCも似非リビング向けPCのつもりなんですよ~。この辺の話もいつか改めてブログ上で書いてみたいですねぇ)

関連記事
今回は「Audio Visual」という新しいカテゴリを追加して、気になった記事について思うところを思うがままに~

LG、Blu-ray/HD DVD両対応プレーヤーを1,199ドルで発売
BDとHD DVDのコンパチプレーヤー「Super Multi Blue」発表――LG電子

8日より「2007 International CES」というAV機器関連のショーが開催されているのですが、そこで次世代DVDと言われるBlu-ray(以下、BD)とHD DVDの両方に対応するプレーヤーが発表されたようです。

個人的には次世代の光ディスクメディアとしては、BDの方が技術的にも優位にあると思っているんですが、次世代DVDが動き始めたばかりのこの時期に両対応の再生機が登場するとはちょっと意外でした。

と思ってよくよく記事を読んでみたら、実際にはBDプレイヤーにHD DVDの再生機能を追加したような感じで、極端な話HD DVDはおまけに近いのかなぁと。
(特にBDで言うところのBD Javaに対応する技術であるHDiへは対応しないといったあたり)
こういう中途半端な実装で「HD DVD」のロゴを取得できるのかな?と疑問に思うところもあり、両対応に関してはまだまだこれからなのかなぁ~?
(他にもBDとHD DVDでは光学系の設計がだいぶ異なってくるはずなので、その辺をどう両立させているのかな・・・?)

国内メーカーの両対応機の発表が気になるところです。
関連記事
第2回目の唯護一刀オフ会に参加してきました。

オフ会の様子は早鞆さんのブログで丁寧に紹介されていくはずですので、こちらはそちらとは違った視点でご紹介していこうと思ってます。

今回は新しいデジカメ(レインボーブリッジの撮影に使ったやつです)を持ち込みました。
オフ会の様子を色々撮影した結果、枚数で134枚に。容量で394MBに達しました。(解像度は3072x2304pixelです)
実際、もっと山ほど撮るかな?と思っていたので、個人的には134枚は少なかったかなぁ、と。

実際はできなかったんですが、私が以前使っていたデジカメも持ち込み、デジカメを持ってない人に貸して好きに撮ってもらおうと思ってたんですが、いかんせん前日バッグにしまうのを忘れて・・・

なんせ134枚のうち、私が写っているのが2枚という!

ここで、写真を何枚かご紹介

お台場_観覧車
お台場で有名な観覧車です。
ちょっと乗ってみたかったですw

お台場_ビッグサイト
夜中の東京ビッグサイト!

お台場_GTカー
お台場にあるトヨタのテーマパークMEGA WEBに展示してあったGTカーです。
この展示は実際に座らせてもらうことができました。
やはりレースマシンは視界も椅子も狭かったです。
なかなか感動でしたw

お台場_F1
同じくMEGA WEBに展示してあったF1マシンです。
こちらもかっこよかったです。

MEGA WEBは私やRedWingさんの希望で回ったんですが、殆ど私一人で楽しんでしまっていたような・・・
関連記事
昨年末、PS3が近所のお店で店頭在庫として残っているの
をたまたま見つけてしまい、その場で買ってしまったわけですが、
さすがに完全な衝動買いというわけではありません。

今回は「PS3を買おう!」と思った経緯なんぞを何回かに分けて語ってみようかと思います。
もし、PS3を買おうか迷っていると言う(奇特な)方がいらしたら、少しでもその参考になれば幸いかと~。
※一応、今の私の基本スタンスは「PS3はまだ人に購入を勧められるレベルに無い」です。

そもそも、当初はPS3も含め次世代機(Wii、XBOX 360)といわれるゲーム機は「やりたいゲームが出揃うまで様子見かなぁ」と思ってました。

そんな中、見つけたのが以下の記事
「PS3をメディアプレーヤーとして使う人のためのTips
この記事を読んだとき「ほ~」と感心してしまいました。

元々、私自身PS3のハードウェアスペックは中々面白そうだと思っていたので、こういう観点でPS3を使ってみるのもありかな、と思い色々情報収集を始めました。

以降、同じ本田雅一さんの連載記事やPS3関連の記事を読み進めるうちに「PS3ってAV機器としてみると結構よさげだなぁ」という思いが・・・。
(以下、次回に続く・・・)
関連記事
レインボーブリッジ_070104


再び、レインボーブリッジの夜景に挑戦してみました。
今回の秘密兵器は三脚!

・・・

携帯できるサイズとはいえ仕事場に三脚を持ってく社会人はそうはいるまい・・・。

色々ISO感度や露光時間を変えて撮影してみたのですが
ISO感度 80、露光時間 10秒の組み合わせが
明るさ、暗部ノイズのバランスがちょうど良かったです。

レインボーブリッジ_061206


参考までに以前掲示板にアップしたバージョンを・・・。
解像度を下げるとあまり変わらない・・・?
関連記事
今日は年明けの挨拶ということで、母方の実家に顔を出してきました。

私の家も光(回線)が届かないくらいの田舎なのですが、実家はさらに田舎!って感じの場所で、せっかくなので近くをうろついて散歩してきました。

渡良瀬遊水地


実家は渡良瀬川の遊水地の近くにあり、そこまで歩いてみました。

14時頃にも関わらず人がいなくて、しかも幹線道路からも離れている為、昼間とは思えないくらいにし~んと静まり返っていました。
散歩していたのはせいぜい30分くらいだったと思いますが、静かでまったりと時間を過ごせました。

また母方の実家は、私の叔父さんが定年で退職していて、退職後は苺を栽培しています。
いつも遊びに行くと苺をお土産で頂くので、今回はその苺を撮ってみます。

頂いた苺


比較的おいしそうなヤツにフォーカスをあわせてマクロ撮影をしてみたところ、背後の苺がなかなか綺麗にぼけてくれました。
アングルに関しては、まだ検討の余地が残ります・・・。
関連記事
今日は年が明けて、親戚一同が私の家に遊びに来ました。
(まぁ、私も働き始めてますので遊びに来た従兄弟にお年玉をあげて・・・)

その際に話のネタして、今話題(?)のPS3を使って、
私の両親の旅行の写真をTVに写し、旅行の思い出を語ってもらう、なんてことをやってみました。

PS3(20GB版)は、PC用のカードリーダを使えば大抵のデジカメのデータが表示できるようです。
そのため、デジカメを直接TVにつないで表示させるよりも高解像度で表示させることができ、またレスポンスもかなり良いのでこういう用途には非常に便利でした。

またデジカメで記録した動画もmpeg形式であれば、そのまま再生できるようです。
このあたり、画像、音楽、動画データの対応状況を詳しく調べてみたいですねぇ。

それに対して、PS3用のゲームもやってもらったのですが、こっちの反応は(従兄弟も含めて)いまひとつ・・・。
画質はいいのですが、ゲームの間口を広げる意味ではやはりWiiに圧倒的に負けてるかなぁ、と。

正直PS3は、ゲームのラインナップはまだまだこれからと思っていますが、AV機器としてはかなり面白いハードだと思います。
ゲーム機として面白くなってくるには、あと半年くらいは待たないと難しそうですねぇ。
(一番怖いのは、ゲーム機として盛り上がる前に、衰退してしまうこと・・・)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。