趣味の話を中心にまとめたBlogです。「趣味」の範疇であれば、対象はなんでも


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広角~標準レンズでボケ具合をテストしてみたのですが、今回は望遠レンズ編ということで、手持ちの焦点距離100mm以上(35mm換算200mm以上)になるレンズで、ボケ具合を見てみました。

・レンズによるボケ具合を色々調べてみた
レンズによるボケ具合を色々調べてみた


撮影条件については、前回と同様に手前の「被写体」にセイバーさん。
「背景」を想定した奥の被写体としてGSCのセイバー・リリィを配置。

P1040499.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + G20mm/F1.7 ]

両者の距離は、おおよそ33cm程度で「被写体」と「背景」の距離は固定したまま。
全て絞り開放で撮影。

P1040500.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + G20mm/F1.7 ]

使用したレンズは、向かって奥、左側から
NewFD 200mm/F4
(Canon製 NewFDマウント 単焦点 望遠レンズ MFレンズ)

「FD 500mm/F8 MIRROR LENS」
(SOLIGOR製 FDマウント 単焦点 ミラーレンズ MFレンズ)

このミラーレンズは、レアなのか知名度が低いのか、詳細情報がネット上に見つからず、ちょっと詳細不明です。
とりあえず、FDマウントであるらしいことは確か。

そして、手前に移って
LUMIX G VARIO 14-140mm/F4-F5.8
(マイクロフォーサーズ用 高倍率ズームレンズ)

最後、右端に「FD-M4/3マウントアダプタ」

以上、計3本のレンズを使ってみました。
[レンズによるボケ具合を調べてみた 望遠レンズ編]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : DMC-GH1, G_VARIO14-140mm/F4-F5.8, SOLIGOR_M_LENS500mm/F8, NewFD200mm/F4,

ミラーレンズフィールドテストの後半戦を忘れた頃にアップ。

竹芝での撮影を終えて、ふと浜松町のモノレールの事が頭に浮かび、ということで、その足で羽田空港に向かってみました。
※事前に夢唯さんと「飛行機を撮る」とか、そんな話もしていたので。



枚数はそれほどでは無いのですが、一枚ずつBlogにアップするのは結構な手間なので、今回もPicasa Web Albumの方に。
※確か、夢唯さんもPicasaのアカウントをお持ちだったと思うので、旅客機の解説とかをコメントして頂けると、ありがたい・・・

そして、旅客機が離陸する様子を動画で撮影してみました。

まずは手ブレ補正機能付きのレンズで、140mm(280mm相当)で撮影したモノ

[Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + G_VARIO14-140mm/F4-F5.8

画面に、縦に並行して入るモヤモヤっとした模様は、フェンス越しの撮影だったので、それが写り込んじゃっています。

さすがに手ブレ補正の効果が大きいのか、他に撮影した動画も思っていたよりは見やすい感じです。
後は一脚を使って、縦方向のブレをもっと抑えられれば、もっと見やすい動画になりそうですねぇ。

そして、ミラーレンズで撮ったケース。

[Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + SOLIGOR_M_LENS500mm/F8

500mm(1000mm相当)なだけあって大きく写っていますが、手ブレ補正機能も付いていないので、かなりのブレが発生しています。
臨場感、スピード感という意味では、まぁ、コレもアリかな?という気はしますが。

ランディングギアが格納されるところもしっかり確認できますねぇ。


以下、おまけ
[ミラーレンズフィールドテスト in 羽田空港]の続きを読む
関連記事

関連タグ : DMC-GH1, SOLIGOR_M_LENS500mm/F8, G_VARIO14-140mm/F4-F5.8, G20mm/F1.7,

P1010665_raw01.jpg
[Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + SOLIGOR_M_LENS500mm/F8

新月の時期が過ぎ、段々と月が正中する時刻が遅くなり、さらに天気が良い休日、ということで、久々に月撮影のコンディションが整った夜です。
さらに今回は、先日フィールドテストを行ったばかりのミラーレンズを持ち出して、撮影してみました。
※というか、ミラーレンズ購入の最大の目的が月撮影、が正確です。

今までは、210mm(420mm相当)で撮影した月の画像を等倍で切り出し、800×800pixel程度としていたのですが、今回500mm(1000mm相当)で撮影したモノをバランスを見ながら等倍で切り出して見たところ、1600×1200pixelの画像になりました。

等倍画像を見てもらうと分かりますが、レンズやレンズアダプタの限界か、撮影環境(空気の綺麗さゆらぎ)の限界か、私の技量の問題か、どうしてもブレが残ってしまいます。

まぁ、それでも雰囲気は残っているかなぁ~?


そして、先日のフィールドテストで持って行くのを忘れていた、対「月」用撮影オプションを使って撮影してみた動画がこちら。


[Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + SOLIGOR_M_LENS500mm/F8 + ExtenderFD_2x-B
「月に愛された少女/FALCOM Vocal Collection/Copyright© Nihon Falcom Corporation」

このExtenderとは、テレ・コンバータとも呼ばれ、レンズの倍率を2倍にするモノです。
※その代わり暗くなるというデメリットも有りますが、そもそも月は明るいので問題無し

これを間に挟むことにより、
500mmレンズ×2(テレコン)×2(Mフォーサーズボディ) = 2,000mm相当
というさらに倍率を上げて撮影することができます。

そうやって、2,000mmという倍率で月を撮ると、モニタ内をどんどんと進んでいく月の様子が見えました。
ということで、上の動画は、その様子を録画してみたモノになります。
まさか、月の動く様子を、こんな感じで実感できるとは。

ただ、倍率が上がったことにより、ピント合わせがよりシビアになってしまったため、今回は静止画の方では、満足のいく写真が撮れませんでした。
※ボケボケのブレブレばかり

何故そんなにシビアか?というと。。。
[月齢 6.3の月 with ミラーレンズ]の続きを読む
関連記事

関連タグ : DMC-GH1, SOLIGOR_M_LENS500mm/F8, ExtenderFD_2x-B, NewFD50mm/F3.5MACRO,

今週は、お仕事の方が、幸いにもそれなりに忙しく、フィールドテストと称して撮ってきた写真をアップする体力が中々・・・
ということで、一週間遅れですが、ジャンクレンズで撮ってきた写真を

まず、そもそも何でフィールドテストが要るのか?というところなんですが、今、中古レンズやジャンクレンズ集めているレンズは、元々キヤノンが発売していたFDマウント、又はNewFDマウントと言われる規格の元で、そもそもマイクロフォーサーズ用として発売されているレンズではありません。
そこで、マイクロフォーサーズの工学的・光学的な構造を活かして、マウントアダプタを介してやることで、それらのレンズを装着出来る状態にしています。
※フランジバックの短さ、とか色々有るのですが、その説明はとりあえず割愛

ところが、そのようなアダプタを使うことで、物理的に装着させる事は出来るのですが、作りによっては、近距離や逆に遠距離(無限遠)でピントが合わない可能性もあります。
※中間域では、ピントの目盛りとズレが有るかもしれませんが、まぁ、調整可能なので


無限遠 - Wikipedia

無限遠(むげんえん)とは、カメラのレンズなど、光学系において、それ以降、ピント調節が不要となる距離。焦点距離に比例するため、広角レンズは近く、望遠レンズは遠い。 無限を意味する記号、∞で表す。
完全な水平光であればいかなる光学系でも無限遠となるため、メーカーによる製造時や修理時はコリメーターを使って調整するが、実用上の目安としては、焦点距離の2000倍以上の距離があれば無限遠と見なすことができる。

その場合、実際にレンズを付けて撮ってみればすぐに分かるのですが、近距離はともかく遠距離、特に無限遠と呼ばれるようになる距離はNewFD 200mm/F4の方で20m以上、ミラーレンズの方は、50m以上となるため、自室で行うテストにも限界があります。
※私の部屋がもっと高いフロアに有れば・・・

ということで、より遠くに被写体が有る状態でピントが合うか?というチェックがしたかった為、屋外に持ち出してテストを行ってみたわけです。

[ジャンクレンズ・フィールドテスト in 竹芝桟橋]の続きを読む
関連記事

関連タグ : DMC-GH1, G20mm/F1.7, SOLIGOR_M_LENS500mm/F8, NewFD200mm/F4,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。