趣味の話を中心にまとめたBlogです。「趣味」の範疇であれば、対象はなんでも


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広角~標準レンズでボケ具合をテストしてみたのですが、今回は望遠レンズ編ということで、手持ちの焦点距離100mm以上(35mm換算200mm以上)になるレンズで、ボケ具合を見てみました。

・レンズによるボケ具合を色々調べてみた
レンズによるボケ具合を色々調べてみた


撮影条件については、前回と同様に手前の「被写体」にセイバーさん。
「背景」を想定した奥の被写体としてGSCのセイバー・リリィを配置。

P1040499.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + G20mm/F1.7 ]

両者の距離は、おおよそ33cm程度で「被写体」と「背景」の距離は固定したまま。
全て絞り開放で撮影。

P1040500.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1 + G20mm/F1.7 ]

使用したレンズは、向かって奥、左側から
NewFD 200mm/F4
(Canon製 NewFDマウント 単焦点 望遠レンズ MFレンズ)

「FD 500mm/F8 MIRROR LENS」
(SOLIGOR製 FDマウント 単焦点 ミラーレンズ MFレンズ)

このミラーレンズは、レアなのか知名度が低いのか、詳細情報がネット上に見つからず、ちょっと詳細不明です。
とりあえず、FDマウントであるらしいことは確か。

そして、手前に移って
LUMIX G VARIO 14-140mm/F4-F5.8
(マイクロフォーサーズ用 高倍率ズームレンズ)

最後、右端に「FD-M4/3マウントアダプタ」

以上、計3本のレンズを使ってみました。
[レンズによるボケ具合を調べてみた 望遠レンズ編]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

関連タグ : DMC-GH1, G_VARIO14-140mm/F4-F5.8, SOLIGOR_M_LENS500mm/F8, NewFD200mm/F4,

先日の綾波レイフィギュアの写真をアップした際にもらったコメント
最後の写真は、是非バックに月を。
このリクエストを実現するには、どうやって撮ればいいか?をずーっと考え、今日、実際にトライしてみました。
※昨夜の夜中の撮影も、このトライの先行試験を兼ねてます。

P1020256.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + Canon NewFD50mm/F1.4 ]

外の撮影は寒い、ということで、まずは腹ごしらえ。
「俺の極旨チャーシュー丼」
チャーシューが美味しかったw

体も温まったところで、さっそく撮影開始。
レンズを変えてみたり、アングルを調整してみたり、ISO感度、絞り、シャッター速度を弄ってみたりと試行錯誤を繰り返して撮ること、計28枚

その中で、中々良さそうな仕上がりのモノを

P1020259.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + NewFD200mm/F4 ]

少しトリミングして、月とフィギュアのバランスが良くなるように調整。
撮ったそのままの状態だと、フィギュアに街灯のオレンジ色が被っていたので、ホワイトバランスを調整したところ、背景の月もイイ感じに。
モノクロで仕上げようかと思ったのですが、月の蒼さが好みだったのでカラーのままとしました。

実際に撮影をしてみて実感したのですが、2つの被写体の距離が離れすぎてて、背景の月が、殆ど点光源になっちゃってますねぇ
本来、今夜の月はかなり欠けているのですが、殆ど丸い状態で写っていて、これは「月の形」というよりも点光源が丸ボケで写ってしまっているようです。

背景の月にもフォーカスをあわせるには、レンズから見て、2つの被写体が両方とも無限遠とみなせるところにないと、事実上両方にピントを合わせることはできなくて、私の手持ちのレンズだと、10mとか20m以上離れたところにフィギュアを置かないとなりません。

ということで、背景にリアルの月を持ってくることは出来たのですが、ちょっと意図とは違う結果に・・・
まぁ、この辺は光学設計、物理法則の限界ということで・・・

なんにせよ、色々なパラメータを意識した撮影というのは、中々面白かったので、また別なテーマで挑戦してみたいところです。
※最短撮影距離、月の正中時刻、月没時刻、被写体の輝度、被写界深度、絞りの量、etc...

P1020244_raw01.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + Canon NewFD50mm/F1.4 ]
関連記事

関連タグ : DMC-GH1, NewFD200mm/F4, NewFD50mm/F1.4,

夜中に唐突に、そして猛烈に何か撮りたくなり、2:30頃ベッドから這い出して色々撮ってました。

P1020218.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + Canon NewFD50mm/F3.5MACRO ]

ふと外を見たら、視界に一瞬だけ入った、というイメージで。
色合いに特筆すべきモノが無くても、モノトーンに仕上げるだけで結構雰囲気が良くなります。
※まぁ、自己満足かもしれませんが・・・

P1020219_raw01.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + Canon NewFD50mm/F1.4 ]

そして、そのまま視線を上げると、空気のコンディションが良かったのか、珍しく私の住んでいるマンションから星空が見えました。
ということで、有名なオリオン座の三連星を中心に上半分を。

P1020223.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + Canon NewFD50mm/F1.4 ]

周りの建物を画に配して、その時の雰囲気を
F1.4という明るいレンズのおかげか、少し増感してやるだけで、目で見た以上に明るく写ります。

P1020229.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + NewFD200mm/F4 ]

一分間ほどシャッターを開いた状態で撮影。
200mm(400mm相当)の画角だと、これだけ動きが確認できます。
ホント、撮ってる間にどんどん動く。

P1020232.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + NewFD200mm/F4 ]

建物にかかって見える位まで高度が下がってきました。
撮影開始にちょっと振動させてしまったのか、ブレて写ってしまったのが残念なところ。

P1020233.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + Canon NewFD50mm/F1.4 ]

最終的に、この位の高度になるまで何枚も撮り続けていました。
このすぐ後には建物に隠れてしまったので、もの凄く起き出すタイミングが良かったのだと思います。

P1020237.jpg
[ Photo : Panasonic LUMIX DMC-GH1K + Canon NewFD50mm/F1.4 ]

一夜明けて朝食を。
パンを焼きピーナッツクリームを塗り塗り
ついでにコーヒーとミルクを50:50でカフェオレも~

関連記事

関連タグ : DMC-GH1, NewFD50mm/F3.5MACRO, NewFD50mm/F1.4, NewFD200mm/F4,

今週は、お仕事の方が、幸いにもそれなりに忙しく、フィールドテストと称して撮ってきた写真をアップする体力が中々・・・
ということで、一週間遅れですが、ジャンクレンズで撮ってきた写真を

まず、そもそも何でフィールドテストが要るのか?というところなんですが、今、中古レンズやジャンクレンズ集めているレンズは、元々キヤノンが発売していたFDマウント、又はNewFDマウントと言われる規格の元で、そもそもマイクロフォーサーズ用として発売されているレンズではありません。
そこで、マイクロフォーサーズの工学的・光学的な構造を活かして、マウントアダプタを介してやることで、それらのレンズを装着出来る状態にしています。
※フランジバックの短さ、とか色々有るのですが、その説明はとりあえず割愛

ところが、そのようなアダプタを使うことで、物理的に装着させる事は出来るのですが、作りによっては、近距離や逆に遠距離(無限遠)でピントが合わない可能性もあります。
※中間域では、ピントの目盛りとズレが有るかもしれませんが、まぁ、調整可能なので


無限遠 - Wikipedia

無限遠(むげんえん)とは、カメラのレンズなど、光学系において、それ以降、ピント調節が不要となる距離。焦点距離に比例するため、広角レンズは近く、望遠レンズは遠い。 無限を意味する記号、∞で表す。
完全な水平光であればいかなる光学系でも無限遠となるため、メーカーによる製造時や修理時はコリメーターを使って調整するが、実用上の目安としては、焦点距離の2000倍以上の距離があれば無限遠と見なすことができる。

その場合、実際にレンズを付けて撮ってみればすぐに分かるのですが、近距離はともかく遠距離、特に無限遠と呼ばれるようになる距離はNewFD 200mm/F4の方で20m以上、ミラーレンズの方は、50m以上となるため、自室で行うテストにも限界があります。
※私の部屋がもっと高いフロアに有れば・・・

ということで、より遠くに被写体が有る状態でピントが合うか?というチェックがしたかった為、屋外に持ち出してテストを行ってみたわけです。

[ジャンクレンズ・フィールドテスト in 竹芝桟橋]の続きを読む
関連記事

関連タグ : DMC-GH1, G20mm/F1.7, SOLIGOR_M_LENS500mm/F8, NewFD200mm/F4,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。